フリーランスのお仕事

フリーランスの仕訳でよく使う勘定科目:事業主貸と事業主借

個人事業主がよく使う科目「事業主貸」と「事業主借」。
いつ使うの?どっちがどっち?と用法が分からなくなりました。
そして仕訳をきるとき、いっつも忘れちゃうのでメモしておきます。

事業主勘定はプライベートとビジネスのお金のやりとりに使う

プライベート用のお金と事業用のお金を分けて考えます。
この二つのお財布のやりとりを事業主借・事業主貸で表しています。

事業主借:プライベート用の口座から事業のためにお金を使うとき
事業主貸:事業用の口座からプライベートのためにお金を使うとき

事業主借は、個人事業主の私が、プライベートの私からお金を借りた(=お金が入った)状態です。事業用口座にお金を入れたのと同じことなので、事業に使えるお金が増えます。

事業主貸はプライベートに貸した(=事業用口座からお金を出した)状態です。事業用口座からお金を出したのと同じことなので、事業に使えるお金は減ります。

この勘定科目は、個人事業のときだけ使う科目で、法人では使いません。

事業主貸と事業主借の用途

事業主貸(じぎょうぬしかし)

事業主貸を使うタイミング

  • 事業用口座・財布から、プライベートの支払いをしたとき
  • 事業用口座から保険料・税金を支払ったとき
  • 事業用口座から生活費を出したとき

例:事業用口座から生活費を出すため、プライベート用の口座に振り込んだとき
事業主貸 100,000円 | 普通預金 100,000円

例:保険料を事業用口座から支払った。
事業主貸 50,000円 | 普通預金 50,000円

国民健康保険料や国民年金は個人が支払うものなので、事業経費にはなりません。

事業主借(じぎょうぬしかり)

事業主借を使うタイミング

  • プライベートの財布・口座から事業用の買い物をしたとき
  • 事業用口座へ資金を補充したとき
  • 事業用口座に利息が入ったとき

例:仕事のために書籍をプライベート用のクレジットカードで買った
図書費 5,000円 | 事業主借 5,000円

例:事業用口座に10万円補充した
普通預金 100,000円 | 事業主借 100,000円

例:仕事用の口座に利息がついた
普通預金 100円 | 事業主借 100円

預金利子は、事業の収支に関係なく、税金も支払済なので、確定申告の必要はありません。
プライベート用のお金が増えたのと同じ扱いになります。

決算が終わったら、事業主勘定はリセットします

1年の間に、事業主借、事業主貸は積み上がっていきます。
期末の決算処理で事業主勘定はリセットされて、翌年度の期初にはまた0円から積み上げていきます。

簡単な1年の流れで考えてみると
a.期初残高:0
b.期中
仕訳1. 事業主借1,000円によって、残高1,000円になった。
仕訳2. 事業主貸 600円によって、残高400円になった。
仕訳3. 売上が200円あり、残高600円になった。
c:期末残高 600円

この期末残高600円が、次の期初の残高(元入金)に引き継がれます。

本に「決算時に事業主勘定は相殺して、元入金に反映する。(翌期の元入金=今期の元入金+今期の所得+事業主借ー事業主貸)」と書かれています。
見た当初は意味が分からなかったんですが、上の1年の流れを式にしているんだと思います。
事業主勘定も含めた一年の取引を足し合わせて、期末の残高を出す。その残高を時期に繰越す。という意味かと。

実務上では、自分の手で計算する必要はなくて、年末の預金残高や現金などがそのまま引き継がれるだけです。しかも、会計ソフトを使って入れば、次期の繰越すお金も事業主勘定のリセットも自動処理をしてくれます。

私はマネーフォワードクラウド確定申告(月額800円/年額8000円)を使っています。

事業主借の使いすぎに注意(私の失敗談)

私はAmazonで本を買う時に、毎回、支払い口座を切り替えるのが面倒で、ビジネスの書籍もプライベートのカードで支払っていました。
仕訳は事業主借で登録するだけで、簡単。

ただ、事業主借勘定を使ってしまうと、ビジネス口座の残高は変わらないんです。
そうすると、余裕があるように見えちゃうんですよね。
おかげで使いすぎました(-。-;

理由もなく、事業外からのお金を使わない。
プライベートとビジネスのお財布は切り離すべきだなと。

使い方には注意してくださいね。