WordPressブログの始めかた

【WordPress】お問合わせフォームにおすすめプラグイン&ツール

ブログを始めるとお問い合わせフォームは必要になってきます。
この記事では、「Wordpressでは、お問い合わせフォームってどれを使ったらいいの?」という疑問について、解説します。

WordPress向けお問い合わせフォームの設置方法

WordPressで、お問い合わせフォームを設置するには2つのやり方があります。

①無料サービスを利用する
外部のメールフォーム作成ツールでお問い合わせフォームを作成し、自分のサイトに設置するやり方です。
簡単な操作でお問い合わせフォームを作れるので初心者の方にオススメです。

②Wordpressプラグインを利用する
WordPress内にフォーム作成機能を追加します。
HTMLの知識があれば、自由にカスタマイズできます。
デザインをサイトと統一したい、同じサイトの中でフォームを管理したい場合はプラグインを使うのがオススメです。

無料フォーム作成サービスを使って、フォームを設置する

アンケートやお問い合わせに使える、フォームの作成・管理、入力内容のチェック、自動返信メールなどの機能を提供しているサービスを紹介します。

フォーム作成後Wordpress のページ本文内にフォーム埋め込みコード入力して公開すれば、お問い合わせフォームを設置できます。

プラグインを使うよりも、てっとり早く設置できます。
いろいろありますが、GoogleフォームとFormzuがおすすめです。

Googlフォーム

Googleフォームは、Googleアカウントがあれば誰でも利用できる、アンケートフォーム作成ツールです。

<特徴>

  • 質問と選択肢を用意するだけで簡単にできる
  • パソコンでもスマホでも利用できる
  • 回答を自動集計しできる

<デメリット>

  • デザインが決まっている
  • 住所の自動入力ができない

こんなお問い合わせフォームが作れます。
Google Formsサンプル

Formzu

Formzuも手軽にフォームを作成できるツールです。GoogleFormsよりも、質問項目がきめ細やかに設定できます。

<特徴>

  •  使える質問項目が豊富
  • 条件分岐がでできる
  • 質問項目を区切ったり、まとめたりできる
  • お問い合わせ内容を100件まで無料で保存

<デメリット>

  • 無料では追加できる質問項目に制限がある(12個まで)
  • 容量の大きい(2MBを超える)ファイルを添付できない

こんなお問い合わせフォームが作れます。
Formzuサンプル

WordPressプラグインを使って、フォームを設置する

WordPressで提供しているお問い合わせ用のプラグインを紹介します。

プラグインをインストールすると、メニューの中にお問い合わせという項目が追加され、お問い合わせフォームを作成できます。フォームを作成した後、表示させたいページの本文の中にショートコードを貼り付けます。

HTMLやCSSに抵抗がない方は、サイトに合わせて柔軟にカスタマイズできます。

Contact Form7

Contact Form7はワードプレスのお問い合わせフォームの中で最も有名なプラグインです。
簡単にフォーム作成・設置ができます。

<機能>

  • お問い合わせフォームの作成
  • 必須項目、入力内容のチェック
  • 自動返信メール

<デメリット>

  • 入力内容の確認画面がない
  • お問い合わせ内容の保存・管理ができない

これらの機能を使うときは、別のプラグインを併用する必要があります。

MW WP FORM

MW WP FORMもContact Form7と同様に、簡単にお問い合わせフォームを作成・設置できるプラグインになっています。

<機能>

  • お問い合わせフォームの作成
  • 必須項目、入力内容のチェック
  • 自動返信メール
  • 確認画面を設置できる
  • お問い合わせ内容をデータベースに保存ができる

MW WP FORMは、確認画面を設置できること、問い合わせ内容をデータベースに保存ができることが、Contact Form7との違いです。

<デメリット>

  • 自動返信メールの設定欄が小さい

問い合わせフォームのまとめ

簡単にお問合せフォームを設置したい
無料サービスを利用する:Googleフォーム、Formzu

HTML/CSSに詳しく自分でカスタマイズしたい人
→WordPressプラグインを使う:Contact Form7、MW WP FORM

こんな感じでお問合せフォームを選ぶ参考にしてみてください。