Design

デザインのドリル① トレースで、レイアウトを学ぶ

Published: 2020/08/21
デザイン独学

トレース&模写で学ぶ デザインのドリル」を使って、デザインのトレース&模写練習した記録です。

Lesson 1〜6 構成を学ぶ

まずは、パーツのレイアウト、揃え方を学びます。

演習1:写真展のチラシ

演習1写真展のチラシ

  • 字間を広めに開けると、文字を強調できる
  • 読ませたい文字とその他の文字で差をつけるために、フォントサイズの大小、色の濃淡をはっきりつける。

演習2:名刺

演習2名刺

  • 意味のあるグループごとに隙間を開けている
  • 住所や電話は、左寄せにして文頭を揃えて、読みやすく。

演習3:クリスマスキャンペーン広告

演習3クリスマスキャンペーン広告

  • Happy Chirstmasなど、メインの文字は思い切って大きく。
  • 「ファミリーモール」に対して、「の」は小さく、文字の優先順位を明確にする
  • 同様に、「日付」に対して「曜日」は小さい

演習4:ウェディング広告

演習4ウェディング広告

  • 文字の並びと写真の人物の位置がバランス良くなるように、写真を切り抜く
  • 写真に文字を重ねて動きを出す
  • 黄土色もゴールドっぽく見えて高級感が出る。

演習5:ドーナツ商品紹介

演習5ドーナツ

  • 商品の色を主体に、対比させる。
  • ドーナツの円を生かした丸みのある配置が素敵。
  • 円を欠けたり、線を点線にするのに苦戦

演習6:DM

演習6DM

  • 横幅と中央ラインは揃えて全体のバランスをとる(模写したやつは、ちょっとずれてるけど…)
  • 全て整列させるのではなく、文章は右にずらして重ねたり、フォントを手書きっぽくして、リラックスした感じがでている。
  • 写真の上下/左右の余白が違う(左右のほうがちょっと広い)のも、アートっぽい感じがする。

>> 続き:デザインのドリル② トレースで、色の選び方を学ぶ